【ジェシー】ハーフで抜群の英語力!!そして世界進出を目指す

【SixTONES・ジェシー】ハーフで抜群の英語力!!そして世界進出を目指す 怒羅悶倶楽部

巷に騒がれる、ジェシー殿:ハーフで抜群の英語力!!そして世界進出を目指す、について、

悪列非道!邪鬼滅殺!今宵成敗いたす!

スポンサーリンク
怒羅悶

悪列非道!邪鬼滅殺!今宵成敗いたす!

真実はいつもひとつ!

怒羅悶をフォローする

【ジェシー殿:略歴】

  • 1996年6月11日生まれ東京都出身。
  • 2006年9月ジャニーズ事務所に入所。
  • ジャニーズJr.内ユニットTeam USA、J-internationalなどを経て活動。
  • 2008年から2011年までHip Hop Jumpの一員として活動。
  • 2012年4月『私立バカレア高校』でテレビドラマに初出演。
  • 2015年5月SixTONESを結成し、メンバーとなる。
  • 2020年1月SixTONESとしてCDデビュー。
  • 2016年9月『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』で映画初主演。
  • 2014年から2020年まで日之出出版の『FINEBOYS』でレギュラーモデルを務める。
  • 2020年7月日之出出版の『Safari』に移籍する。
  • 2022年:ドラマ『最初はパー』主演。
  • 2024年:ドラマ『新空港占拠』出演。
スポンサーリンク

【ジェシー殿:ハーフで抜群の英語力】

SixTONES,ジェシー,ハーフ,抜群,英語力,世界進出

吾輩が今日、お主らに語るのは、あの破天荒なジェシーの悪名高い英語力だ。嘘か誠かの判断は自己責任にて!

ジェシーといえば、彼の血統はなんとハーフ。父親はアメリカ人で、お主らが思う通り、英語での会話が普通の生活となっておる。

この事実、我らには理解し難いことではあろうが、なんと彼は常日頃、父親と英語で会話を交わしているとのこと。その英語力は、いかなる疑いも許さぬ破壊力だ!

だがなぜだ、あのジェシー、なぜ「今以上の英語力」を求めているというのか?何故かというと、ジェシーには更なる上を目指す野望があるのだ。

一体どこまで上を見るつもりなのか、彼の野望を悪く言う者もおるが、吾輩はこれを前向きな姿勢と見るぞ。

英語力に対する彼の熱意は、毎日の生活から滲み出ておる。噂の海外進出に対する彼の意欲は強く、毎日英語での会話を心掛けているのだ。

だが、彼の英語力についての噂を語るとき、常に口に上るのは「ハーフ」の彼が普段英語で会話をするという事実だ。

これについて、辛辣な言葉を多用する者もおるが、吾輩はこれを前向きな評価と見るぞ。

なぜなら、彼の今以上の英語力を追い求める姿勢が、自らの限界を突破しようとする彼の前向きな姿勢を示しているからだ。

これらのうわさは、ジェシーの英語力を証明するものだ。嘘か誠かの判断は自己責任にて!

スポンサーリンク

【ジェシー殿:漢字はちょっと苦手!?】

SixTONES,ジェシー,ハーフ,抜群,英語力,世界進出

お主らの耳に届いたであろう「ジェシーの日本語スキル」についてのうわさ、吾輩からもその評判を伝えよう。嘘か誠かの判断は自己責任にて!

ジェシーと申せば、その美声には多くの者が心を奪われておるが、その一方で彼の日本語スキルについても賞賛と批判が交錯している。

特に漢字が苦手という説、これが真実であれば、日本人の血を引く彼にとっては課題であろう。

なんと言うか、烏龍茶の文字を誤読し、緑茶を手に入れてしまったという逸話も流れている。

彼の漢字への苦手意識は辛辣な言葉によって指摘されることも多いが、吾輩はこれを前向きに捉えるぞ。

その理由は何と言ってもジェシーの負けん気の強さだ。漢字が苦手だからと言って日本語スキルをあきらめることはない。

彼の努力は日々続いており、その成果を遠からず見ることになるだろう。

うわさの中には辛辣な言葉も多いが、それを受け入れて成長する彼の姿勢には敬意を表したい。

さて、ジェシーの日本語スキル、特に漢字への取り組み、その結果は如何に?嘘か誠かの判断は自己責任にて!お主らがその結果を待つ間、吾輩も期待の目を向けているぞ。

スポンサーリンク

【ジェシー殿:未来予想図-世界進出を目指して】

SixTONES,ジェシー,ハーフ,抜群,英語力,世界進出

町の隅々で囁かれるうわさ、吾輩の耳にも届いておる。「ジェシーが未来の芸能活動に英語力を活かす」と。さて、これが嘘か誠かの判断は自己責任にて!

多くの者が口にするジェシーの名、その存在は儚くも鮮やか。

彼の英語力は達者で、世界進出の道具ともなりうる。お主らも聞いたことがあるであろう、海外の映画への出演を夢見ているといううわさを。

辛辣な言葉で彼の挑戦心を試す者もおるが、吾輩は彼の前向きな挑戦を尊敬する。果たして彼のが叶うか否か、その道のりは厳しいかもしれんが、それが試練というもの。

ジェシーの未来の活動について、吾輩もまた、密かに期待を寄せている。世界進出を果たし、海外の映画に出演する日が来るかもしれん。その日が来た時、お主らはどう思うだろう?

お主らがその結果を待つ間、吾輩も楽しみにしている。ジェシーの未来、その輝きを遠くから見守っているぞ。嘘か誠かの判断は自己責任にて!

スポンサーリンク

【ジェシー殿:ハーフで抜群の英語力!!そして世界進出を目指すについてのまとめ】

今回はジェシー殿について調査してみた!

吾輩はジェシー殿に対して、ネイティブレベルの英語力をさらに高めて世界進出を狙う野望を持つ獅子、と思ったんだがお主はジェシー殿についてどう思ったかな?

世の中にはまだまだ心がザワつくような邪鬼共が溢れている。

引き続きこの書記にて悪事を暴き!世直しをしていく所存ゆえまた応援のほどよろしくお頼み申す!

それではまた次の記事にて会おう!

嘘か誠かの判断は自己責任にて!

関連記事

【ジェシー】学歴と学生時代の物語!!苦手を武器に

【ジェシー】好きなタイプと恋愛案・結婚観!!ナイスダディになる

【ジェシー】家族構成と実家が裕福でお金持ちのうわさの真相!!